" />

ベラジョンカジノについての解説

ベラジョンにパチスロはある?

  1. HOME >
  2. ベラジョンカジノについての解説 >

ベラジョンにパチスロはある?

日本のパチスロはオンラインカジノには存在しない

パチンコ・パチスロ店で遊べる日本のパチスロ。

いつでも遊べるようにオンラインでプレイできたらいいな、と思ったことはありませんか?

今後はどうなるかわかりませんが、2020年現在、パチスロをオンラインで実際にお金を賭けて遊ぶことはできません。

大手パチンコパチスロメーカーはすでにカジノに参入している

日本のパチンコパチスロメーカー大手

・サミー

・ユニバーサル(アルゼ)

上記の2社は実際にカジノ運営に乗り出しているようです。

サミーは韓国、ユニバはフィリピンでカジノを運営しているとのことです。

今後はパチンコパチスロ業界からカジノやオンラインカジノへ移行していくかもしれません。

パチンコパチスロの遊技人口は減少し続けている

調査によると、ピーク時が1998年の2842万人、2019年では1096万人とのこと。

およそ3分の1まで減ってしまっているようです。

パチンコパチスロ業界では様々な規制の変更などがあり、年々出玉性能が低下しつづけています。

出玉性能の低下は、一発逆転のチャンスが減ったり、大当たりして連チャンしても得られる出玉が少ない、ということになります。

出玉が少ないということは儲かる金額も少なくなる、ということでギャンブルとしての魅力が薄れてしまっているのです。

 

パチンコパチスロメーカーがカジノの台を開発している

カジノの運営とまでは行きませんが、多くのメーカーが昔からカジノの機械を開発しています。
ですが開発をしているからといって、今のパチンコパチスロ店にあるような機種をカジノで使う事はできません。
今は日本のパチンコパチスロはアニメなどの版権モノが多いので、現在パチンコパチスロをそのままカジノで遊べるようにするのは難しいかもしれません。

版権モノが多い理由も、出玉性能だけで勝負することができないので、原作の人気にあやかってどうにかヒット機種を生み出そうという方向ですね。

 

パチンコパチスロ店の業績も右肩下がり

遊技人口の減少、低玉貸し(レートを下げて遊ばせる)、そしてコロナ・・・

パチンコパチスロ業界にはいいニュースが全くありません。

ただただ利益が減っていくだけの状況ですね。

廃業する店もとても多いそうです。

20年以上のプレイヤーだった私も、もう足を運ぶ機会が減ってしまっています。

単純にスロットがツマラナイ仕様が増えてきたからです。

 

もはやほとんどパチスロのようなビデオスロット「花魁ドリーム」

パチスロに替わって楽しいのがオンラインカジノ。

ベラジョンには今年リリースされた機種でほとんどパチスロと言っていいような機種があります。

それが

「花魁ドリーム」

日本の人気パチスロのオイシイところを詰め込んだようなビデオスロットです。

シンプルで飽きのこない演出、自力抽選のドキドキ感、一撃の上乗せの爽快感、過激な連チャン性・・・

パチスロ好きは絶対にハマること間違いなしの楽しい機種なのでぜひ一度プレイしてみてください。

 

 

 

-ベラジョンカジノについての解説

© 2020 ベラジョンカジノ完全攻略マガジン